ご案内

ストップ ヒートショック!

ストップ ヒートショック!


ヒートショックとは、急激な温度変化により血圧が急上昇したり急降下したりして

心臓や脳血管に大きな負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中を発症することです。


具体的には、冬場の入浴の時に脱衣室で衣服を脱いだ時に外気に近いほどの低温の室温により

血圧が急に上ります。そしてお風呂のお湯につかると血管が広がり血圧が急に下がり

ジェットコースターのように血圧が急上昇急下降することにより、ヒートショックが起こります。


ちなみに、1年間で車の事故で亡くなる人の数がおよそ4,400人なのに対しこのヒートショック

より
亡くなる人の数は、14,000人
とも言われています。

車の事故に対しては、人命を守るためにシートベルトやエアバッグなど法規制などで強制的に

対策が取られていますが、家の場合にはこんなにも毎年多くの犠牲者(原因が分かっているので)

が出ているにも関わらず耐震性などの構造的な面では規制が厳しくなってきていますが、温熱環境

については基準値の設定はあるものの努力義務にすぎず法的に強制されてはいません。


今住んでる家を全体的に断熱改修するにはとても負担が大きいですが、洗面脱衣室と浴室

トイレを断熱改修するするだけでもヒートショックのリスクを下げることができます。


浴室をユニットバスに替えようと思っている方は、ぜひ脱衣室も併せて

断熱改修しましょう。